×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚記念日5

結婚記念日50年目は金婚式というそうです。
金は柔らかく、可鍛性があり、重く、光沢のある黄色(金色)を
しており、展性に富み非常に薄くのばすことができる遷移金属です。

夫婦間もお互い周りに左右されることなく、どっしりとしていて、
相手のことは全て分かる。ツーと言ったらカー状態なのでしょうね!

金婚式の結婚記念日のお祝いには何がいいのかな〜?

結婚記念日55年目はエメラルド婚式というそうです。
エメラルドは強い緑を帯びた宝石である。
柱状の結晶から、緑柱石とも呼ばれる。

結晶の性質上、一定方向からの衝撃に極端に弱いため、ぶつけたり
しない等のケアも必要である。また、高熱にも弱いため調理をする
ときは外すのが賢明だそうです。

世界の4大宝石にも数えられ、古代エジプトの時代ではクレオパトラも
愛用していたと伝えられています!

このことから富と権力の象徴でもあったとされています。

55年目になってもいい意味での欲望は失ってはいけないです。
私的には生きている実感を探るためにも、あれもしたいこれもしたい!
と夫婦で追求していくことが、ボケ防止にもなりますし、よりいっそう
の長生きに繋がると思います。

結婚記念日60年目はダイアモンド婚式というそうです。
炭素が高温高圧の地球内部で圧縮され生成される8面体構造を持つ炭素の
結晶であり、自然に生成される鉱物の中で最も硬い。

ダイヤモンドという名前は、ギリシア語の adamas (征服できない、懐
かない)に由来する。日本では金剛石と言うそうです。

石言葉は「永遠の絆・純潔」。
この言葉がぴったしの歳月ですね!60年目は20歳で結婚したとして
80歳ですもん。この記念日を祝うことができれば素晴らしいです。

結婚記念日75年目はプラチナ婚式というそうです。
白い光沢を持つ金属として存在する。化学的に非常に安定であるため、
装飾品に多く利用される一方、触媒としても自動車の排気ガスの浄化を
はじめ多方面で使用されています。
また、酸にも強く、金と同じく王水以外には溶けない事で知られていま
す。

ですが、20歳で結婚したとしても95歳でしょう!

プラチナ婚式をお祝いできるとしたら、とても幸運ですね!・・・

結婚記念日トップ

運営者情報

【問い合せ】
ブログ管理者への問い合せは、

こちら
からお願いします。