×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚記念日2

結婚記念日6年間は 鉄婚式、花婚式というそうです。
鉄と花とはどういう組み合わせで一緒になったのか不思議?
鉄は炭素などの合金元素のにより、より硬い鋼となるそうです。
これは、お互いに協力し合ってより強固な家庭づくりをしましょう
ということでしょうかね!
花婚式の名前が付いた由来は分かりませんね〜?
この時の結婚記念日はお祝いはしたはずでが、覚えがない!

結婚記念日7年目は銅婚式とい、結婚記念日8年目は青銅婚式と
いうそうです。銅に錫(スズ)が混ざって青銅と呼ぶそうです。
青銅にはいろいろと用途があり混ざり具合で銅鏡や刀剣が作られ
ました。光沢も黄金色や白銀色できれいですよね!
夫婦間も常に良い調合であれば輝き続けるのでしょうが?・・・
お宅の調合はどちらが多いですか?私のとこは断然、女房!!
この時の結婚記念日はお祝いはしたはずでが、覚えがないと前回と
同じである。慢性化(笑う

結婚記念日9年目は陶器婚式と言うそうです。
陶器は窯で1100〜1300度の温度で焼いたものだそうです。
粗陶器と精陶器に分けられるそうですが、お宅はどちら?…
この時の結婚記念日はもうどうでもよくなっています(涙

結婚記念日10年目はアルミ婚式、錫婚式というそうです。
アルミは軽くて加工しやすく錆びにくいジュラルミンのように
そう、私も簡単に加工されています。「私は鈍感?」
この時の結婚記念日は覚えているんですよ!ちょっと大きなけんか
をしてしばらく口を聞いていませんでした。で、女房が前から欲し
がっていたバックをプレゼントしたんです。痛い出費でしたが、
それからは、もっと仲良くなったのかな〜(のろけ
結婚記念日トップ

運営者情報

【問い合せ】
ブログ管理者への問い合せは、

こちら
からお願いします。